So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Olympus E-m1 markⅡ [写真]

3か月ぶりの投稿です。
Olympus E-m1 markⅡが発売された後、関連記事を見ていて
私には使いこなせない事は分かっていても、トライしたくなり
購入してしまいました。
さっそく、仕事帰りに東京駅で途中下車し、丸の内のKITTE6階
テラスから、空に明るさが残る時刻に、M-ZUIKO DIGITAL
12-100mmレンズを使い、東京駅を撮ってみました。
ここは、三脚・一脚は使用止場所です。
手持ちで、ISO200 /絞りF8/露光時間2秒でも、評判通りに
強力な手振れ補正が働き、手振れしていませんでした。 

P2280223s.jpg

P2280209s.jpg

P2280216s.jpg 


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

新道峠からの富士山 [旅]

今回も、仕事を終えてから富士山を撮りに新道峠へ出かけてきました。
新道峠の入り口に到着したのが午前12時30分ごろでした。
ところが、新道峠への林道が12月10日から冬季閉鎖でゲートが閉め
られていました。
やむなく、ここで1時間ほど仮眠を取ってから行動を開始。
真っ暗闇の中、ヘッドランプの明かりを頼りに林道を30分ほど歩くと、
いよいよ、新道峠への山道です。
年齢を重ねたのと運動不足から、急こう配の山道に差し掛かると、
息があがってしまい小休止。
やっと、新道峠の案内表示があったものの、ここは撮影スポットではありません。
さらに急こう配の山道を登りきると展望が開けました。
早速、三脚を据えて夜明けを待ちました。
峠での撮影だけに、絶え間なく寒風が吹き付け、寒さは2倍に感じ
させられした。
初めての新道峠での撮影、期待していた雲海は現れず、期待外れ
のまま撮り続けて来ました。 

PC100091s.jpg
露光時間が長すぎて星が流れてしまいました。

shindotouges.jpg

PC100174-2s.jpg 

PC100211s.jpg 

PC100214-2s.jpg 

PC100241s.jpg 

 


nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

日光小田代ヶ原 [旅]

金曜日の夜、仕事を終えてから、一人自動車で日光戦場ヶ原へ。
戦場ヶ原の赤沼駐車場には午前1時30分ごろに到着。
この時点で駐車場の3分の1ほどは駐車されていました。
1時間ほど仮眠を取り、小田代ヶ原へ出発です。
今日は、どんな表情を見せてくれるのかが楽しみです。
真っ暗闇の中、ヘッドランプの明かりを頼りに一路、目的地へ。
到着早々に場所を陣取ってから、夜明けを待ち続けました。

PA150416s.jpg

PA150456s.jpg

PA150496Ls.jpg

PA150502s.jpg

PA150525s.jpg 

 

 


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

曼珠沙華 [旅]

今年も日高市の巾着田へ曼珠沙華を撮りに出かけてみました。
あいにく最盛期は過ぎていて、遅咲きの区域がかろうじて、撮るに
耐えられる状況でした。
名前の由来は、日高市内を流れる高麗川が蛇行している区域が
巾着形に見えることから巾着田と呼ばれるようになったとのこと。
初めて出かけた時は、入場料を払うことは無かったのに、2度目に
訪れたら有料なっていました。 

P9260121ms.jpg

P9260120s.jpg

P9260083s.jpg 

P9260262s.jpg 

 P9260005s.jpg


nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カナダ イエローナイフ [旅]

バンフからカルガリー空港へ戻り、レンタカーを返却し終えてから、
飛行機に搭乗し、2時間ほどでイエローナイフ空港に到着。
現地のオーロラツアー会社スタッフと落ち合い、一路ホテルへ。
短時間の休憩を取り、午後10時30分にオーロラを観賞出来る
場所までバスで案内され、オーロラの出現を待つことに。
オーロラ観賞ツアーは3泊すれば、ほぼ1回は観られるとの謳い
文句でした。
幸運にも3日ともオーロラを観ることが出来ました。
初日から雲も無く、オーロラの観賞日和になりました。
初の体験。どの様に出現するのか、どの方向に出現するのか、
目を凝らしていると、雲が出てきたと思った瞬間、スタッフから
オーロラが見えてきましたとの声が。
カメラに集中するも、暗闇の中でのピント合わせに苦戦して
しまいました。
設定ですが、
カメラは、Olympus OMD E-M1
レンズは、M.ZUIKO DIGITAL ED7-14mm
ISO:800
ホワイトバランス:オート
絞り:開放
シャッタースピード8~10秒 

P8143455s.jpg
オーロラが出現し始めた瞬間です。(肉眼では白っぽく見えています)

P8143529as.jpg 

P8143528ms.jpg

P8143468s.jpg

P8143547mrs.jpg
初日からオーロラを観ることが出来、一安心。 

P8150075rs.jpg 

P8150069as.jpg 
2日目は、大規模なオーロラが真上に出現し、思わず見とれて歓声をあげるだけで、
シャッターを切ることを忘れていました。

P8150071rs.jpg

P8150074rs.jpg
まさに、緞帳が風に揺れるさまそのもので、さらに頭上で爆発しているかと思わせる様子は
圧巻でした。
私の技量では、その様子を撮り切ることは出来ませんでした。

P8150090as.jpg
家族での記念撮影です。絞りを開放にしているので、人物にピントを合わせていたら、
オーロラがボケ気味です。
周囲の人に迷惑をかけるストロボの発光と、ピントを合わせるために小型ライトを照射しての
撮影を敢行。




P8160140as.jpg 
満月とオーロラですが、興奮しすぎてピントが甘くなってしまいました。

P8160187rs.jpg

P8160234rs.jpg
白夜の名残があり、午前1時30分過ぎでも、明るさが残っていました。

P8163532rs.jpg

この後は、バンクバーへ戻ります。 


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カナダ旅 [旅]

前日にバンフのホテルからレイクルイーズに近いホテルに
移動し、今回はモレイレイクの観光です。
レイクルイーズもモレイレイクも午前10時を過ぎると観光客が
押し寄せて、駐車増が満杯になり渋滞するとの情報を得たので、
早朝からの散策です。
幸いにも好天に恵まれ、朝日を浴びた山肌が赤く染まり、湖面に
映りこんでいました。ここも時間とともに湖水の色が変化していく
のですが、私一人ではないので短時間の滞在でモレイレイクを
あとに。

P8133226rs.jpg
ホテルを早朝6時に出発です。

P8133236as.jpg
駐車場で上を見上げると、赤く染まった山肌が飛び込んできました。 

P8133238as.jpg

P8133249s.jpg
階段と山道を歩いていくと、眼前にモレインレイクが飛び込んできました!

P8133254as.jpg

P8133308as.jpg 

P8133276as.jpg
家族での記念撮影です。 

P8133288s.jpg
カナダへ来る直前に、足の小指を骨折した家内も、ケガを忘れ楽しん
でいたのですが、家族たちは壮大な風景に気を取られ、家内のケガ
のことを忘れ、一人取り残されてしまいます。(苦笑) 

P8133330rs.jpg

P8143392rs.jpg
ドライブ途中に寄り道した湖です。 

P8143409s.jpg 

P8143422s.jpg
カナダでよく目にしたのが、アウトドア向けの自動車でした。

次回は、カルガリー空港からオーロラの街イエローナイフへ。 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カナダ旅 [旅]

バンフのホテルを早朝6時、カナダに住む姪に車で40分ほどかけて、
私一人レイクルイーズまで送ってもらい、丸1日レイクルイーズ湖畔を
散策。
家族とは、お昼に合流するとになりました。
言葉が通じない私一人では不安なので、遠くには行けずに、やむなく湖畔
を散策。(もったいない)

P8120151rs.jpg
レイクルイーズへ行く車中からの眺望に感動!! 

P8120154as.jpg
湖畔に立ってみると、正面の山肌には万年雪があり、スケールの
大きさに息を呑んでしまいました。 

P8120291rs.jpg

P8120323as.jpg

P8130369rs.jpg

P8130378s.jpg

P8130391s.jpg

P8133128s.jpg

P8133133s.jpg

P8133134rs.jpg
湖畔を歩いていると、大勢のハイカーに出会いました。

P8133138rs.jpg

P8133143as.jpg
時間とともに湖水の色が変化していきます。 

P8133172as.jpg
お昼には無事、家族と合流。家内と姪はホテルに昼食の調達に
出向いいます。

P8143355rs.jpg
翌日は、雲一つない晴天に恵まれ、再びレイクルイーズ湖畔に立ち、
シャッターを切ってみました。

P8143349as.jpg

次回は、モレイレイクです。 


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カナダ旅 [旅]

カナダ旅の3日目は、ゆったりとエメラルドレイクとバンフ市内の散策。
そして、バンフスプリングスホテル周辺の散策で、一日を過ごしました。

P8120053as.jpg

P8120041rs.jpg

P8120020rs.jpg 

P8110014s.jpg

P8120069r.jpg

P8120097s.jpg 

P8120092as.jpg 

P8120114s.jpg

P8120095rs.jpg 

4日目はレイクルイーズへ向かいます。 

 


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

カナダ旅行 [旅]

ご無沙汰していました。3か月ぶりの投稿です。
8月に家族で9泊11日のカナダ旅をしてきました。
第1日目は、羽田空港からバンクーバーへ 。
バンクバー空港近くのホテルで1泊。体調を整えるために、ここで
休息です。 

P8110021rs.jpg 

第2日目は、バンクバー空港からカルガリー空港へ。
カルガリー空港でレンタカー2台を借りてバンフへ。
バンフへ行く前に、恐竜の街ドラムヘラーに寄り道して、ロイヤル
・ティレル古生物物館を見学。

 

P8110155rs.jpg

P8110098rs.jpg

P8110134rs.jpg

P8110133rs.jpg

P8110168as.jpg

ロイヤル・ティレル古生物博物館の展示物をじっくり見ていたら
1日あっても
りない規模でした。
古生物博物館をあとにして、一路バンフへ。

P8110005rs.jpg 

P8110008rs.jpg

P8110004rs.jpg 

- 続く - 


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

雨の鎌倉 長谷寺 [旅]

土曜日の晴天、そして日曜日の薄曇りを避けて、月曜日の雨空の下、
鎌倉長谷寺へ出向いてみました。
長谷寺に到着したのが朝、8時30分ごろでした。予想道理、混雑はなく
気の向くままの撮影が可能でした。
しかし、雨は横なぐりの雨で、ポンチョを着ての撮影とあいなりました。
それでも、午前10時ごろになると、観光客がし寄せて来ました。
鎌倉の根強い人気を思い知らされた思いに!

P6133216s.jpg

P6133199s.jpg

P6133170s.jpg

P6133129s.jpg

P6133229s.jpg 

P6133253s.jpg

P6133260s.jpg 


タグ:鎌倉長谷寺
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -